閉じる

IR情報

投資家の皆様へ
もっと日産化学を知っていただくために

日産化学ってどんな会社?

歴史

明治時代より、化学工業の先駆者として およそ130年かけて事業を発展させてまいりました。
「特色ある価値創造型企業」として
ユニークな製品の創出を目指しております。

■歴史の長い会社です

当社は、1887年(明治20年)日本最初の化学肥料製造会社として誕生しました。
世界的な化学者として有名な高峰譲吉博士が、英国留学中に化学肥料製造工場を見学し、
日本に紹介したところから始まります。
これに渋沢栄一、益田孝など当時の財界の首脳が呼応し、設立されました。

長期業績推移

長期業績推移

沿革

当社の製造拠点は1891年に建てられた小野田工場に始まり、現在は国内5工場、3研究所を中心に海外にも安定した拠点を築いております。

主な製品

技術の流れ

肥料の会社としてスタートした当社は、(A)「微粒子制御」(B)「機能性高分子設計」(C)「生物評価」(D)「精密有機合成」の4つの技術をコアとして成長し、現在では化学品、機能性材料、農業化学品、医薬品と多岐にわたり事業を展開しています。(下図、画像クリックで拡大できます)

技術の流れ

*AdBlue®はドイツ自動車工業会(VDA)の登録商標です。
*ARC®およびOptiStack®は、Brewer Science, Inc.の登録商標です。

 

スマートフォン版はこちら