閉じる

サステナビリティ

索引・データ等

外部からの評価

ESGインデックスへの組み入れ

(2022年4月現在)

Dow Jones Sustainability Indices(DJSI)

米国S&P ダウ・ジョーンズ・インデックス社とスイスの投資運用アドバイス会社であるRobecoSAM社が共同開発した株式指数「Dow Jones Sustainability Indices(DJSI)」は、「経済」「環境」「社会」の側面から持続可能性(サステナビリティ)に優れた企業を選定するものです。

DJSIのアジア・太平洋地域版「DJSI Asia Pacific」は、アジア・太平洋地域における主要企業を対象とし、2021年度は約600社から153社(うち日本企業77社)が選ばれました。当社は「DJSI Asia Pacific Index」の構成銘柄に4年連続で選定されています。

Dow Jones Sustainability Indices(DJSI)

FTSE4Good Index Series およびFTSE Blossom Japan Index

グローバルなインデックスプロバイダーである FTSE Russell (FTSE International Limited と Frank Russell Companyの登録商標) によって作成されたインデックスであり、FTSE4Good Index Series は環境、社会、ガバナンス(ESG)について優れた対応を行っている企業のパフォーマンスを測定するために設計されたインデックスです。

FTSE Blossom Japan Indexは、ESGについて優れた対応を行っている日本企業のパフォーマンスを測定するために設計されたインデックスで、業種ニュートラルとなるよう設計されています。

FTSE Blossom Japan Sector Relative Indexは、各セクターにおいて相対的に、環境、社会、ガバナンス(ESG)の対応に優れた日本企業のパフオーマンスを反映するインデックスで、セクター・ニュートラルとなるよう設計されています。また低炭素経済への移行を促進するため、特に温室効果ガス排出量の多い企業については、Transition Pathway Initiative (TPI) 経営品質スコアにより改善の取り組みが評価される企業のみを組み入れています。

いずれのインデックスも、サステナブル投資のファンドや他の金融商品の作成・評価に広く利用され、FTSE Blossom Japan Indexは年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)がESG投資を行うために活用する指数の一つとして採用されています。

当社は FTSE4Good Index SeriesおよびFTSE Blossom Japan Index の構成銘柄に選定されています。

FTSE4GoodFTSE Blossom JapanFTSE Blossom Japan Sector Relative Index

FTSE Russell (FTSE International Limited と Frank Russell Companyの登録商標)はここに日産化学株式会社が第三者調査の結果、FTSE Blossom Japan Sector Relative Index組み入れの要件を満たし、本インデックスの構成銘柄となったことを証します。FTSE Blossom Japan Sector Relative Indexはサステナブル投資のファンドや他の金融商品の作成・評価に広く利用されます。

MSCI日本株女性活躍指数(WIN)

投資家に対して投資意思決定をサポートする様々なツールを提供している米国のESG情報提供機関である MSCI 社が開発した指数で、女性の活躍推進に優れた企業を選定するものです。本指数は、年金積立金管理運用独立行政法人 (GPIF) がESG投資を行うために活用する指数の1つとして採用されています。

当社はMSCI 日本株女性活躍指数 (WIN)の構成銘柄に選定されています。

MSCI日本株女性活躍指数(WIN)

※MSCI指数への日産化学株式会社の組み入れ、および本ページにおけるMSCIロゴ、商標、サービスマーク、または指数名称の使用は、MSCIまたはその関係会社による日産化学株式会社の後援、保証、または販売促進ではありません。 MSCI指数は、MSCIの独占的財産です。MSCIおよびMSCI指数の名称とロゴは、MSCIまたはその関係会社の商標またはサービスマークです。

S&P/JPX カーボン・エフィシエント指数

S&Pダウ・ジョーンズ・インデックス社と東京証券取引所が共同で開発したESG指数です。TOPIX構成銘柄を対象範囲とし、環境情報の開示状況、炭素効率性(売上高当たり炭素排出量)の水準により、構成銘柄のウエイトを決定する指数です。

S&P/JPX カーボン・エフィシエント指数

SNAM サステナビリティ・インデックス

損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント (SNAM) 株式会社が2012年8月より運用を開始したESG (環境・社会・ガバナンス) の評価の高い企業に幅広く投資する、年金基金、機関投資家向けの責任投資プロダクトです。調査会社による ESG 評価を重視して選定した投資銘柄によって構成される「SNAMサステナビリティ・インデックス」に基づき、長期投資を志向する運用を行っています。

当社は「SNAMサステナビリティ・インデックス」の投資銘柄に選定されています。

SNAM サステナビリティ・インデックス

ESG関連の受賞・評価

(2022年4月現在)

CDP Water Secutity Aリスト

CDPは、企業や自治体を対象とした世界的な環境情報開示システムを運営する国際環境非営利団体です。2000年に英国に設立され、110兆米ドルを超える資産を保有する590強の投資家と協働し、資本市場と企業の調達活動を介して、企業に環境情報開示、温室効果ガス排出削減、水資源保護、森林保護を他に先駆けて働きかけてきました。2021年度は、世界の時価総額の64%強に相当する13,000強の企業と1,100強の自治体を含む世界の14,000強の組織が、CDPを通じて環境情報を開示しました。

当社は2019年度から3年連続で、CDPから持続可能な水資源管理に特に優れた企業として、「水セキュリティ」分野において「Aリスト企業」に選定されています。

CDP Water Secutity Aリスト

健康経営優良法人~ホワイト500~

「健康経営優良法人~ホワイト500~」は、経済産業省と経済界・医療関係団体・自治体のリーダーから構成される日本健康会議が共同で、健康保険組合と連携し優良な健康経営を実践している大規模法人を顕彰する制度で、健康経営実践法人の拡大を目的に2017年より開始されました。

当社は「健康経営優良法人~ホワイト500~」に6年連続で認定されています。

健康経営優良法人~ホワイト500~

日興IR「全上場企業ホームページ充実度ランキング」

日興アイ・アール株式会社が選定する「全上場企業ホームページ充実度ランキング」は、「分かりやすさ」「使いやすさ」「情報の多さ」の3つの視点からウェブサイトの評価を行っています。

2021年度は、全上場企業3,888社を対象とし、そのうち476社が「総合上位企業」に選定されました(最優秀サイト191社、優秀サイト122社、優良サイト163社)。当社は2018年度から4年連続で「最優秀サイト」に選定されています。

日興IR「全上場企業ホームページ充実度ランキング」

モーニングスター「Gomez IRサイトランキング」

モーニングスター株式会社が選定する「Gomez IRサイトランキング」は、「ウェブサイトの使いやすさ」「財務・決算情報の充実度」「企業・経営情報の充実度」「情報開示の積極性・先進性」の4つの切り口から、主要ユーザーである投資家の視点に基づいて設定した調査項目により同社アナリストが評価を行っています。

2021年度は、国内全上場企業を対象とし、そのうち305社が「IRサイト優秀企業」に選定されました(金賞24社、銀賞126社、銅賞155社)。当社は2018年度から4年連続で「銀賞」に選定されています。

モーニングスター「Gomez IRサイトランキング」

大和インベスター・リレーションズ「インターネットIR表彰」

大和インベスター・リレーションズ株式会社が選定する「インターネットIR表彰」は、「5T&C」の考え方のもと、同社が調査・評価するものです。

2021年度は全上場企業3,944社を対象とし、特に優秀なIRサイトを構築し、情報開示およびコミュニケーション活動で有効に活用している126社が、受賞企業として選定されました(最優秀賞9社、優秀賞14社、優良賞103社)。当社は「優秀賞」に選定されています。

また、2021年度から新設された「サステナビリティ部門」の表彰においても、当社は「優秀賞」に選定されています(最優秀賞7社、優秀賞16社)。

  • Timely(適時性)、Transparent(透明性)、Traceable(追跡可能性)、Trustworthy(信頼性)、Total(包括性)+Communication(双方向性)

サステナビリティ

 

スマートフォン版はこちら