閉じる

CSR情報

リスクマネジメント

リスクマネジメント基本方針と体制

リスクマネジメント基本方針

 当社グループを取り巻く様々なリスクを認識し、損失リスクの発現の抑止および発現の際の影響の極小化を図り、経営戦略目標達成に貢献することを目的として、以下の行動指針に沿ってリスクマネジメントを推進しています。

  1. 当社グループの役員・社員等の生命の安全を最優先とする。
  2. リスクマネジメントを重要な経営課題と位置づけ、全社的な視点を持って活動に取り組む。
  3. 当社グループにおける全ての役員・社員等がリスクマネジメントに対する意識を十分に持ち、能力の向上に努め、損失リスク発現の未然防止を図る。
  4. リスクに関する情報については、迅速に全社での共有化を図る。
  5. 損失リスク発現時には迅速かつ的確に対応し、損失を最小限に留めるよう努める。

リスクマネジメントの目標

  1. 人的資源の安全確保
  2. 企業としての存続
  3. 資産の健全な保全
  4. ステークホルダーからの信頼性確保
  5. 事業機会、成果獲得機会最大化と機会逸失の回避
  6. 業務遂行に際しての遵法性確保、効率性・正確性・有効性の追求

リスクマネジメント体制

 活動全般について継続的改善を推進する専門組織として、経営企画部リスク・コンプライアンス室を設置しています。

 また、リスクマネジメントの実効性をより高めるとともに、コンプライアンスを維持向上、推進するための機関として、リスク・コンプライアンス委員会を設置し、年2回定期的に開催しています。

 本委員会は取締役会が指名するCRO(チーフ・リスクマネジメント・オフィサー)を委員長とし、CROが指名する各部門、箇所および国内連結子会社のリスク・コンプライアンス責任者から構成されています。

 リスク・コンプライアンス責任者は、定期的に、リスクの洗い出し・評価・対策計画立案、リスク対策実施状況・課題の自己評価、改善案の策定を行うほか、計画的に各部門、箇所および国内連結子会社にて教育、訓練等を行います。

 リスクマネジメントに関する重要事項、対策計画等は本委員会の審議を経て、取締役会で決定されます。

リスクマネジメント体制

 

スマートフォン版はこちら