閉じる

研究開発

材料科学研究所
(MATERIALS RESEARCH LABORATORIES)

材料科学研究所では、当社のコア技術である精密有機合成、機能性高分子設計、微粒子制御、生物評価を活用・融合することで独自性の高い新材料を創出し、高度化・多様化する市場のニーズに迅速に対応するとともに、新たな市場の形成を目指した次世代材料の研究にも注力しています。
機能性高分子設計力を生かした表示用材料、半導体材料などの情報電子産業を支える先端電子材料、微粒子制御技術力による無機微粒子製品の研究開発を進めています。
一方、情報電子分野のみならず、ライフサイエンス、環境エネルギーおよび光エレクトロニクス分野での新製品・新事業の創出に向け、自社技術とオープンイノベーションなどを通して得た新たな技術を融合することで、次世代材料の研究開発を加速してまいります。

具体的な研究内容

ディスプレイ材料研究部

-素子作製から駆動試験にわたる評価系の構築と、これを用いた高分子薄膜および液晶セルの電気光学特性評価を通じて、液晶配向膜をはじめ液晶ディスプレイ関連材料、タッチパネル周辺材料などの開発を行います。

半導体材料研究部

-高度なデザイン力、合成力に加え、プロセス・評価技術を武器に最先端の材料を開発し、多機能・高性能化が進む半導体およびその周辺分野の発展に貢献します。

無機材料研究部

-確かな技術に裏打ちされた先進のナノテクノロジーを駆使し、シリカゾルに代表される各種無機ナノ材料の創出、機能のデザインによって、多岐にわたる産業のニーズに応えていきます。

先端材料研究部

-コア技術である「精機有機合成」「機能性高分子設計」の活用により、新規電子材料を創出しています。

次世代材料研究部

-新分野材料の創製研究、実用化研究及び開発研究を実施、材料ビジネスにおける❝新分野を開拓❞し、新素材および新技術の探索および基盤化を行います。

 

スマートフォン版はこちら