閉じる

CSR情報

レスポンシブル・ケア活動の継続的強化

レスポンシブル・ケアマネジメント

方針・考え方

レスポンシブル・ケア

 人々の生活に豊かさをもたらす化学製品を、安全・安心に使っていただくため、化学品の開発から製造、物流、使用、最終消費を経て廃棄・リサイクルに至る全ての過程において、「環境・健康・安全(EHS)」を確保し、その成果を公表し、社会との対話・コミュニケーションを行う自主活動であるレスポンシブル・ケア(RC: Responsible Care)活動に、取り組んでいます。RC活動には、60を超える国・地域の化学企業が取り組んでいます。日本では、1995年に、社団法人日本化学工業協会(JCIA)にて、日本レスポンシブル・ケア協議会(JRCC)が設立されました。

 当社はJRCCに設立当時より加盟しているほか、2014年に改定されたレスポンシブル・ケア世界憲章に署名し、RC活動への取り組みを強化しています。

 また、事業活動のあらゆるステージにおいて、EHSに関して優先的に取り組む事項をRCに関する基本方針に定め、関係会社を含むグループ全体に周知徹底を図っています。

 

レスポンシブル・ケアに関する基本方針

  • (1)経営層自ら強いリーダーシップを発揮し、国内外での環境・安全・健康の確保に努める。
  • (2)製品の開発から廃棄に至るまでの全ライフサイクルにわたり環境・安全・健康のパフォーマンスや、施設・プロセス・技術に関わるセキュリティの継続的改善に努め、その成果を社会に公表する。
  • (3)省資源及び省エネルギーを一層推進し、廃棄物の削減及びその有効活用に努める。
  • (4)サプライチェーンにわたって化学品の安全性とプロダクト・スチュワードシップの継続的改善を促進することにより、環境と人々の健康・安全を守る。
  • (5)化学品のライフサイクルにわたる健全な科学に基づくリスクベースの化学品管理の法規策定に関わる取り組みに参画し、ベストプラクティスを実践することにより、化学品管理システムを強化する。
  • (6)ビジネスパートナーに対し化学品の取り扱いが安全に管理できるよう働きかける。
  • (7)製品及び事業活動が環境・安全・健康に及ぼす影響に関して、行政当局及び市民の関心に留意し、正しい理解が得られるよう必要な情報を開示し、対話に努める。
  • (8)環境・安全・健康に関する活動に対するステークホルダーの期待に一層応えるため、対話活動を更に拡大する。
  • (9)革新的技術やその他のソリューションを開発・提供することにより社会の持続的発展に貢献する。
  • プロダクト・スチュワードシップ:製品の開発から廃棄に至る全ライフサイクルにわたり、環境・健康・安全の確保に配慮する活動

体制

日産化学RCマネジメント体制

 当社は、RC中期計画を達成するため、全社にISO14001を基本としたRCマネジメントシステムを構築し、PDCA (Plan, Do, Check, Act) による目標管理、継続的改善を行っています。

 これらの活動を推進する組織として環境安全・品質保証部担当役員を委員長とする環境安全・品質保証委員会を年1回定期的に開催し、各箇所の年度活動結果、会社全体の活動総括および次年度のRC目標を討議しています。討議の内容は経営会議に報告されます。次年度の目標は経営会議での承認を経て、取締役会で決議されます。

  • 環境マネジメントシステムの国際規格、全工場でISO14001の第三者認証を取得。

日産化学RCマネジメント体制

日産化学RCマネジメント体制

環境安全・品質保証委員会

 

指標

RC中期計画(2016-2021年度)の推進

レスポンシブル・ケアコード 中期計画(2016-2021年度) 2018年度計画 達成評価 2019年度計画
環境保全・気候変動対策
  • 温室効果ガス(GHG)排出量削減、原単位改善
    GHG排出量:2021年度までに2011年度比20%削減
    原単位※1:2021年度までに2011年度比40%改善
  • 1 排出量/売上高
  • シアヌル酸熱媒加熱炉の燃料転換によるGHG排出量削減
  • チラー更新によるフロン排出抑制
  • GHG排出量:2011年度比16%削減
  • 原単位:2011年度比37%改善
☆☆☆
  • GHG排出量:2011年度比19%削減
  • 原単位:2011年度比43%改善
  • GHG排出量第3者検証受審
  • GHG排出量第3者検証受審継続
  • GHG排出量:2011年度比20%削減
  • 原単位:2011年度比40%改善維持
  • エネルギー原単位※2改善
    2021年度までに2011年度比30%改善
  • 2 エネルギー使用量/売上高
  • 設備の能力向上、老朽化設備更新等による省エネルギー化継続
  • エネルギー原単位2011年度比25%改善
  • 本社を省エネルギー性能の高いビル(PAL・ERR「段階3」)へ移転
  • エネルギー原単位2011年度比26%改善
  • 設備の能力向上、老朽化設備更新等による省エネルギー化継続
  • エネルギー原単位2011年度比27%改善
  • 産業廃棄物排出量削減
  • 2021年度までにリサイクル率99.5%以上
  • リサイクル率 98.5%
  • リサイクル率 97.7%
  • リサイクル率 98%
  • CSRサプライチェーン・マネジメント(グリーン調達)システムの確立
  • EHS監査の拡大
  • サプライチェーンへのCSRアセスメントの運用拡大
  • 重要原料委託先等のEHS監査実施
  • CSR質問票の運用
  • 重要原料委託先等のEHS監査実施
  • CSR質問票の運用拡大(委託製造)
  • 生物多様性保全への取り組み強化
  • 生物多様性行動指針に基づく活動の推進
  • ビオパークの運営
  • NPO法人への支援、ダイアログ
  • ラムサール条約登録湿地の保全への貢献
  • ヒメコマツ系統保存サポーター等の生物多様性保全への取り組み継続等
  • 生物多様性行動指針に基づく活動の推進
  • 環境配慮型製品の開発・販売促進
  • 新規環境配慮型製品の開発推進継続
  • 当該品の調査、コストの見える化
  • テーマの選定
保安防災
  • 火災・爆発・漏洩事故ゼロ
  • 安全文化醸成と保安力強化
  • 製造、工事および研究の事前評価システムの有効性向上
  • 火災・爆発・漏洩事故ゼロ
  • 事前評価指針の改定
  • 安全文化評価(改訂版)の実施と解析
☆☆☆
  • 火災・爆発・漏洩事故ゼロ
  • 安全文化評価の実施(本体工場)
  • 策定済みの火災・爆発未然防止対策の検証と見直し
  • 想定される火災・爆発リスクを抽出、未然防止対策の立案
  • 火災・爆発・漏洩事故ゼロ
  • 安全文化評価の実施(研究所、関係会社)
労働安全衛生
  • 労働安全衛生マネジメントシステムの見直し
  • 休業災害ゼロの達成
  • 安全への設備投資の実行(350百万円/3年、最終年)
  • 休業災害ゼロ
☆☆
  • 休業災害0件、派遣等協力会社員が被災したケース2件
  • 休業災害ゼロ
化学物質・製品安全
  • 化学物質のライフサイクルを通じたリスクベースの管理推進
  • 人の健康や環境に及ぼす化学物質の影響に関する先端的研究への貢献
  • 化学物質安全性要約書の公開継続
  • 事前評価によるリスク評価の継続
  • WET試験の検討継続
☆☆☆
  • 硫酸の安全性要約書の公開
  • 事前評価によるリスク評価の実施
  • WET試験の確立・実施
  • 化学物質安全性要約書の公開継続
  • 事前評価によるリスク評価の継続
  • WET試験の実施継続

全体を表示

取り組み

RC監査

 RC監査とは、RC監査指針に基づき環境安全・品質保証部が、工場、研究所、関連会社でのRC活動を確認する取り組みです。各箇所が行う内部監査やパトロールに加え、各箇所のRC活動が適切に実施され、PDCAサイクルが着実に回っているか、また環境・安全・健康に関わるコンプライアンスに関して毎年チェックをしています。環境安全・品質保証部は、このRC監査において、環境・安全・健康に係る顕在化した問題、または潜在的なリスクがあれば、明確に示して改善を促しています。2018年度は工場、研究所、関連会社に対してのべ44回のRC監査を実施しました。

CSR情報

 

スマートフォン版はこちら