閉じる

CSR情報

CSRマネジメント

マテリアリティ(重要課題)

 当社は、激しさを増す事業環境の変化に対応することに加え、社会課題の解決に貢献し、2030年の企業像を実現するために取り組むべきマテリアリティを特定しました。

 まずはじめに、当社グループの長期経営計画ならびに中期経営計画を踏まえたうえで、ESG(環境・社会・ガバナンス)関連の評価指標やガイドラインを参考にして、500超におよぶマテリアリティのキーワードを洗い出しました。

 そして、各キーワードをもとにマテリアリティ要素を検討し、自社にとっての重要度とステークホルダーにとっての重要度の観点で自社評価を行いました。

 その後、自社評価の結果について6名のステークホルダーと意見交換を行い、その内容を取り入れて社内で議論を重ね、マテリアリティ・マトリックスを策定しました。

 

スマートフォン版はこちら