閉じる

CSR情報

CSRの全体像

外部イニシアティブへの参画

国連グローバルコンパクト

 当社は、企業理念の実践であるCSR活動をより一層充実させるために、2018年4月、国連グローバル・コンパクト(UNGC)に署名しました。

 UNGCは、各企業・団体が責任ある創造的なリーダーシップを発揮することによって、社会の良き一員として行動し、持続可能な成長を実現するための世界的な枠組み作りに参加する自発的な取り組みです。当社は、国連が提唱する、人権・労働・環境・腐敗防止の4分野における10原則を支持し、その実現に向けて努力を続けることで、社会の持続的発展に貢献していきます。

国連グローバル・コンパクトの10原則

人権 原則1 人権擁護の支持と尊重
原則2 人権侵害への非加担
労働 原則3 結社の自由と団体交渉権の承認
原則4 強制労働の排除
原則5 児童労働の実効的な廃止
原則6 雇用と職業の差別撤廃
環境 原則7 環境問題の予防的アプローチ
原則8 環境に対する責任のイニシアティブ
原則9 環境にやさしい技術の開発と普及
腐敗防止 原則10 強要や贈収賄を含むあらゆる形態の腐敗防止の取組み
 

気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)提言

 TCFDは、金融安定理事会(FSB)によって設立された民間主導のタスクフォースで、気候変動に関連する事業リスクやビジネス機会が財務に与える影響を金融機関や企業、政府などの財務報告において開示することを提言しています。

 当社は、2020年にTCFDへの賛同を表明しました。

TCFD

レスポンシブル・ケア世界憲章

レスポンシブル・ケア世界憲章

 レスポンシブル・ケア(RC: Responsible Care)活動とは、化学物質の開発から製造、物流、使用、最終消費を経て廃棄・リサイクルに至る全ての過程において、自主的に「環境・健康・安全」を確保し、活動の成果を公表し社会との対話・コミュニケーションを行う活動です。

 当社は、世界の化学工業に共通する課題に取り組んでいる国際化学工業協会協議会が制定し、2014年に改訂したレスポンシブル・ケア世界憲章に賛同し、署名することで、国際的に協調してRC活動を進めて行くことを表明しています。

 

日本化学工業協会レスポンシブル・ケア委員会(日本レスポンシブル・ケア協議会)

レスポンシブル・ケア

 社団法人日本化学工業協会にて1995年に日本レスポンシブル・ケア協議会(JRCC)が設立され、当社は設立当時よりJRCCに加盟しています。

  • 2012年4月に日本化学工業協会と統合され、同組織の業務委員会の1つであるレスポンシブル・ケア委員会となっています。
 

生物多様性民間参画パートナーシップ

 当社は、生物多様性が将来の持続可能な社会にとって重要であることをより深く認識し、国際社会の一員として、全ての人々との間で役割と責任を分かち合い、連携・協力して生物多様性の保全に資する行動を進めています。

 その一環として当社は、生物多様性の保全及び持続可能な利用等、生物多様性条約の実施に関する民間の参画を推進するプログラムである「生物多様性民間参画パートナーシップ」に2015年10月に参加しました。

生物多様性民間参画パートナーシップに参加しています。

CSR情報

 

スマートフォン版はこちら