閉じる

CSR情報

レスポンシブル・ケア活動の継続的強化

産業廃棄物・汚染物質の排出削減

方針・考え方

 社会経済の発展に伴い、「大量生産・大量消費・大量廃棄」型から脱却し、生産から流通、消費、廃棄に至るまで物質の効率的な利用やリサイクルを進めることにより、資源の消費が抑制され、環境への負荷が少ない「循環型社会」を形成することが求められています。

 そのため、当社グループでは、レスポンシブル・ケア活動を通じて、3R(リデュース、リユース、リサイクル)を一層推進し、廃棄物の削減及びその有効活用に努めています。

 また、生産活動により発生した化学物質の大気、水域、土壌への排出については、各種法令に定められた排出基準や地域との協定に基づく規制値を遵守するために適切な管理を行い、人の健康や環境への負担を配慮し、さらなる削減に努めています。

体制

指標

廃棄物

指標 対象
範囲
単位 2015
年度
2016
年度
2017
年度
2018
年度
目標
(達成年度)
産業廃棄物発生量 単体 千トン 33.4 33.7 34.7 34.0
再資源化量 単体 千トン 4.5 3.8 5.6 5.8 -
最終処分量 単体 千トン 2.2 1.1 0.8 0.9 -
リサイクル率 単体 % 97.9 97.7 ≧99.5 (2021)

大気排出

指標 対象
範囲
単位 2015
年度
2016
年度
2017
年度
2018
年度
揮発性有機化合物 (VOC) 単体 トン 1.7 1.5 0.5 0.4
NOx 単体 トン 158 148 112 105
SOx 単体 トン 391 382 192 131
ばいじん 単体 トン 23 25 18 11
  • ベンゼン・ホルムアルデヒド以外も含む

排水の管理

指標 対象
範囲
単位 2015
年度
2016
年度
2017
年度
2018
年度
COD 単体 トン 279 294 291 200
全リン 単体 トン 14 18 13 11
全窒素 単体 トン 3064 3356 2879 3565

PRTR対象物質

指標 対象
範囲
単位 2015
年度
2016
年度
2017
年度
2018
年度
PRTR対象
物質排出量
大気 単体 トン 1.7 1.5 0.5 0.4
水域 単体 トン 0.5 0.4 0.4 0.5
土壌 単体 トン 0 0 0 0
合計 単体 トン 2.2 1.8 0.9 0.9
  • 四捨五入の関係で、各項目の和と合計が一致しないところがあります。

取り組み

廃棄物の排出削減

 産業廃棄物の排出削減に努めると同時に、廃棄物の処分が適正に行われるよう管理を徹底しています。廃棄物の遵法管理システムを導入し、産業廃棄物管理票(マニフェスト)を電子化しています。

 産業廃棄物は製造過程で排出される排水が大部分を占め、これらは社内で燃焼処理を行っています。2018年度は2017年度に比べ産業廃棄物発生量は減少し、再資源化量は増加したものの最終処分量が微増しました。そのためリサイクル率も、97.7%と前年度よりわずかに低下しました。国際的なプラスチック問題により国内処分量が増加したことが主な原因です。今後も最終処分量の減少は見込めないことから2019年度リサイクル率目標値を現状維持の98%に下方修正します。

発生量(千トン)

再資源化量/最終処分量(千トン)

 
  • リサイクル率(%)=[再資源化量(t)+有価物量(t)+減量化量(t)]÷[産業廃棄物発生量(t)+有価物量(t)]×100

揮発性有機化合物(VOC)の排出削減

 光化学オキシダントの原因となる揮発性有機化合物(VOC)について当社は化学業界が選定、自主管理計画を策定、削減に取り組んできた12物質のうち、3物質(1,2-ジクロロエタン、ベンゼン、ホルムアルデヒド)を取り扱っていました。VOC除去装置の導入などの対策により、2006年以降、1,2-ジクロロエタンの大気への排出はなくなりました。また、ベンゼンについてもナフサから天然ガスへの原燃料転換により2017年度より排出がなくなりました。ホルムアルデヒドについても、設備の密閉化、排ガスの燃焼処理などの対策により排出量を削減しています。

有機大気汚染物質排出量(トン)

 

排ガスの管理

 排ガスに関しては「大気汚染防止法」に定められた排出基準はもとより、各地域との協定に基づく規制値を遵守しています。脱硫設備、脱硝設備を適正な状態に維持することにより、大気環境負荷物質である硫黄酸化物(SOx)、窒素酸化物(NOx)排出量の抑制に努めています。ボイラー燃料の天然ガスへの転換により2018年度のSOx排出量は前年度比32%削減されました。また、ばいじんも前年度比37%削減されました。

SOx排出量/NOx排出量(トン)

ばいじん排出量(トン)

 

排水の管理

 各工場では「水質汚濁防止法(水濁法)」に定められた排出基準や地域との協定に基づく規制値を遵守しています。さらに、小野田工場では、「瀬戸内海環境保全特別措置法」を遵守し、排水の水質保全に対応しています。工場排水中のCOD(化学的酸素要求量)、全窒素および全リンの濃度モニタリングを定期的に実施し、2018年度は前年度に比べCOD,全リン排出量が減少しています。全窒素は関連製品の生産量が増えた事により、増加しました。

COD(左軸)/全リン(左軸)/全窒素(右軸) 排出量(トン)

 

化管法(PRTR法)対象物質の排出削減

 「特定化学物質の環境への排出量の把握等および管理の改善の促進に関する法律(化管法)」の届出対象に該当する物質を2018年度は60物質を取り扱っていました。主な物質はホルムアルデヒドとノルマル-ヘキサンで、前者は反応溶媒として使用されます。後者はナフサから天然ガスへの原燃料転換により大幅に削減されました。

 排出先と排出量は、大気へ0.41トン、水域へ0.45トンの合計0.86トンとなり、2017年度以降大気への排出量が大幅に削減され、全体でも半減しています。今後も排出抑制への取り組みを継続して実施します。なお、土壌中への排出はありません。

PRTR対象物質排出量(トン)

PRTR対象物質排出量内訳(トン)

 

CSR情報

 

スマートフォン版はこちら