将来を描く

人を育てる社風

日産化学では、人材開発の本質は「社員一人ひとりが自発的に自己研鑽を積み、自己の成長を図ること」にあると考えており、「学びたい」「成長したい」と願う社員のために、さまざまな人材育成制度を整備しています。しかし、いくら制度が整っていても、活用されなければ意味がありません。個人が、制度を通じて成長すること。そして、自律した個人が、部門やキャリアなどの壁を越えて協働し、さらに成長すること。そうした好循環を生み出す社風こそが大切だと考えています。そこで、部門内、また部門を越えて、双方向のコミュニケーションを生むような仕組みづくりや、社外の研究機関や海外の拠点への積極的な派遣など、幅広い施策を行っています。価値創造型企業の生命線は“人”。人を育てる社風であり続けるための取り組みは続きます。

セルフスタート研修

“日産化学らしさ”を生み出す源泉

「自分が何をすべきか、自ら考え実行していく」セルフスタート型人材の基盤を築くことを目的に、技術系は入社後2年間、事務系は3年間をかけて、「オリジナリティをもった企画提案及び実行」に取り組みます。研修を通して、一人ひとりに実施指導者(主に先輩)や実施責任者(主に上司)がつき、「思い」を形にできるよう、継続して後押しします。さらに、対象者のテーマと関連のある他部門の先輩社員が「アドバイザー」に就任。さまざまな部門の社員が一体となって、ひとつの提案を作り上げます。各年度末には、自身の取り組みを論文にまとめ、異なる専門分野をもった対象者が一同に介し、討論会を行います。活発な議論を通して、新たな気付きを得ることができる場となっています。部門の垣根を越えた研修は、新たな価値創造の原動力といえます。実際、この研修で若手社員が提案したアイディアが採用され、その後の業務に活かされることも少なくありません。

「セルフスタート研修」経験者の声

S.S.生物科学研究所 医薬研究部

私が想像していた個人研修のレベルを超えた研修でした。取り上げたテーマは、脳・神経分野の創薬について。企業での研究は、大学での研究とは異なり、テーマ創出が得意な人や、それを着実に成長させる人など、多くの人が携わります。そんな企業研究のチーム戦を体感できる刺激的な研修でした。

実際、テーマが停滞した際には材料科学研究所の研究者に相談し、ブレイクスルーを達成しました。そうした過程で上司や先輩との熱い議論から自分の強みや弱みが明らかとなり、企業研究者として一皮も二皮も成長できたと思います。今後は、私の強みや日産化学の多様性を活かし、新たな価値の創造に貢献していきたいです。

研修実施指導者(先輩)から
R.I.生物科学研究所 医薬研究部

私は、Sをサポートしアドバイスを行う役割ですが、Sが仮説構築・検証・修正のプロセスをしっかりと踏み、信念を曲げることなく研修テーマにチャレンジし続ける姿には感銘しました。また、ブレークスルーとなるデータを出してきた時は、私も胸が躍りました。将来の医薬品研究ひいては臨床応用に可能性を広げる提言に繋がったのも、彼の努力の賜物です。今後も持ち前の積極性を活かし、継続的にテーマのビジョンを発信、浸透させてくれることを期待しています。

研修実施責任者(上司)から
D.T.生物科学研究所 医薬研究部

本研修は、Sが本当にやりたいことに真剣に向き合えた、よい機会だったと感じています。自らの思いを達成するために他部門や社外の方々とも積極的に交流し、結果として学会発表や企画の提案につながったことは大きな経験になったはずです。現在も本研修で発案したテーマについて精力的に活動を行ってくれています。ディスカッションを重ねる中で、本人の成長はもちろんのこと、指導者や責任者も研究マインドを惹起される有意義な研修でした。

語学留学制度

日産化学では“多様な人々と働くためには、単に語学だけではなく、相手の文化的背景や考えを理解し相互を理解し合うことが大切である”と考えています。そこで、異文化を体感し、実践の中でこれらを身に付けてもらうことを目的として、語学留学制度を導入。異なる文化に実際に触れ合い、語学の壁に苦しみながらも主体的にコミュニケーションを取り続けることで、研修生一人ひとりに成長の跡がはっきりと見られる結果を得ています。

「語学留学制度」経験者の声

K.T.生物科学研究所 安全性研究部

海外にある契約先のラボへ出張した際、ビジネス英会話力・コミュニケーション力の不足を痛感したのが、海外研修を志望したきっかけです。現在は、イギリスのポーツマスにある語学学校に留学し、日常英会話に加え、ビジネスシーンで必要となるビジネス英会話を学習しています。実際に海外生活を体験することで、他国のライフスタイルや文化などを知ることもできています。研修を通して、多様な異文化と密接に関わることができ、先入観を持たず、幅広い視野をもちながら積極的にコミュニケーションがとれるようになってきたと実感。帰国後は、この経験を活かし国際的な研究開発プロジェクトに積極的に参加し、活躍したいと考えています。

※社員の所属は取材当時のものです。