閉じる

会社情報

日産化学グループ腐敗防止方針

 日産化学グループは、「国連グローバル・コンパクト」などの国際規範を支持し、日産化学グループ腐敗防止方針(以下、本方針)を定めます。本方針は、コンプライアンスにおける腐敗防止に関する日産化学グループの立場を補完するものであり、日産化学グループで働くすべての役員および社員に対して適用されます。

  • 1)定義
     「腐敗」とは、贈収賄をはじめ、業務上の権限を個人または会社の利益のために用いることをいいます。
     「贈収賄」とは、会社がその事業を進めるうえで、
    • 役員、社員が第三者に不正、違法行為を行わせるために、もしくは第三者から要求を受けて、不当な利益を提供すること、または
    • 役員、社員が第三者に不当な利益を要求すること、もしくは要求し受領することをいいます。
  • 2)腐敗防止への決意
     日産化学グループは、いかなる腐敗行為も決して容認しません。
     日産化学グループは、公務員、政府機関関係者その他あらゆる取引相手(以下、ビジネスパートナー)との関係において、いかなる腐敗行為にも関与しません。そしてビジネスパートナーにも関与させないよう、継続して働きかけを行います。
  • 3)腐敗防止に関する遵守事項
     日産化学グループは、不正競争防止法、米国海外腐敗行為防止法および中国反不正競争法(商業賄賂規制)など贈収賄の禁止に関する国内外の法令を遵守するとともに、日産化学グループが関わる取引について、会計帳簿を正確に記録し保持します。また、ビジネスパートナーに対しても、これら贈収賄の禁止に関する法令の遵守を求めます。
  • 4)問題発生時の対応
     日産化学グループは、その事業活動において腐敗防止に反する事態を起こした場合は、是正に向けて適切に対処するとともに、関係当局の調査に全面的に協力します。

制定年月日 2019年4月1日
日産化学株式会社
代表取締役 取締役社長
木下 小次郎

 

スマートフォン版はこちら