仕事場を見る

工場PLANTS

全国5県に広がる工場には、明治時代につくられた石造りの設備が残されている一方で、最新鋭の機器・設備も着々と導入され続けています。120年以上の歴史を積み重ねながら、今もなお進化を続ける。それが日産化学の工場群です。

袖ケ浦工場 (千葉県)

千葉県の石油コンビナート地区に位置し、スペシャリティケミカルズの中核工場として、最先端の情報電子産業をはじめ幅広い産業分野で使用される無機材料および電子材料を生産。研究所と緊密に連携した “開発型工場”です。

埼玉工場 (埼玉県)

埼玉県北西部の自然豊かな環境にあり、農薬製剤では水稲用除草剤および殺虫剤・殺菌剤を生産するなど、国内をはじめ世界の農業に貢献している工場です。

富山工場 (富山県)

富山県中央部に位置し、豊富な水と電力を背景に、日本有数のアンモニア総合化学工場として発展。現在では、電子材料をはじめとするIT関連製品にも注力し、世界トップレベルの生産技術を持つ工場として、多彩な製品群を生産しています。

名古屋工場 (愛知県)

名古屋港に面し、硫酸の製造を中心に発展し、時代のニーズに対応して製品展開を図ってきました。現在は、精製硫酸、高純度硫酸をはじめ、重亜硫酸ソーダ、ディーゼル車排ガス浄化用高品位尿素水「アドブルー®」を生産しています。

小野田工場 (山口県)

山口県の南西部に位置し、1910(明治43)年に日本で初めて農薬を製造しました。120年以上の歴史を有する工場です。現在はライフサイエンス製品として殺虫剤・殺ダニ剤・除草剤などの農薬や、血圧降下剤、高脂血症治療剤などの医薬、有機ファインケミカル製品を生産しています。

工場で活躍する生産技術職

プロセスエンジニア

製造課

高品質な製品を安定して送り届けるために、コスト・安全・環境負荷を考慮し、最適なプロセスを検討、プラントとして具現化することがミッションです。顧客要求を理解し、プラントの建設・増設工事を行うことはもちろん、建設後も更なる改善の検討と運転管理を行います。

技術開発室

工場における「プロセス研究」の専門家集団です。有機合成力・化学工学力を活かし、プロセス研究を先導することがミッションです。新たに上市される製品や既存製品のプロセス開発・改善を図り、製品の競争力向上を実現します。また、多様な分析機器と新規技術の導入も行い、保有技術を深化させ 続けることも重要な役割です。

求める専門性

化学工学系 / 有機化学系 / 材料系 / 物理系 / 金属系

設備エンジニア

化学プラントの設計から建設、保全管理まで一貫して携わります。保全技術を活かした改善、新設により安全、安定、高品質な製品の生産に貢献します。

メカニカルエンジニア

建屋、機械基礎などの土建設備、塔槽類、圧縮機、ポンプなどの機械設備を担当

エレクトロニカル&インストルメントエンジニア

受変電、配電、電動機などの電気設備、計測、調節弁、DCSなどの制御設備を担当

求める専門性

機械系 / 電気・電子系 / 材料系 / 物理系