私たちの化学は、続く。Never-ending Chemistry

日産化学株式会社 NISSAN CHEMICAL INDUSTRIES,LTD. 採用情報サイト

社員の話を聞く

研究開発(生物)医薬 Y.K. 生物科学研究所 医薬研究部 薬学系 修士 2008年入社

Introduction

製薬に携わるメーカーは、世界、日本に、あまたある。その中で日産化学の
特長はなんだろうか。目指しているのは「独自性の高い化合物の創出とその価値の最大化」だ。
得意とする生物評価と精密有機合成の力を活かして、創薬と原薬製造に特化して活動する。
その独自性について、生物評価を担当するY.K.の話を聞こう。

“薬をつくる”というと、“化合物を生み出すこと”とイコールだと思われがちですが、投与された化合物が生体内で実際にどのように作用するか、しっかり評価されていなければ、薬にはなりません。そのための仕事が「薬理評価」です。

現在の主な担当は、薬理・安全性薬理研究。なかでも、循環器疾患をテーマとした薬理評価を中心に従事しています。

合成された化合物について、細胞を使って活性を評価。さらに優れた活性を示す化合物は、動物モデルを用いて薬効評価も行います。

たとえば、日産化学が医薬品メーカーと共同開発を進めてきた抗心房細動薬「NTC-801」は、その新しい作用機序によって注目をされています。私は今、これを凌ぐ抗心房細動薬をつくることを目指し、研究を進めています。「NTC-801」にできることと、できないことは何か。心房細動の発症メカニズムをより深く、分子レベルで観察し、どの分子の働きを抑えれば心房細動が止まるのか、再発予防にはどう関わっているのかなど、当社の強みであるイオンチャネルの活性評価技術を活かし、ターゲットとなる疾患に対して画期的なコンセプトをつくりたいと思っています。

「大きな仕事を成し遂げてやろう」という研究員が多い職場、それが医薬研究部です。少数精鋭で、全員がプロフェッショナル。そんな雰囲気に憧れて、私は入社を決めました。

たとえば、テーマ(新薬のプラン)の提案は、若い研究員でも自由に行うことができ、やる気と可能性が認められれば、入社1年目からでも大きな責任のある仕事を任されます。ここでは、自分の創りたい薬を本当に創り出すことができるチャンスがあると思います。

日産化学の医薬の研究開発では、社内で臨床試験を行わず、特長ある優れたプロファイルを持つ新薬の創製研究に特化しています。新薬候補化合物が創出されれば、製品化をめざして医薬品メーカーと共同研究を行い、ライセンス契約を締結することによって収益化を図るというビジネスモデルです。まさに“創り出す“ことに集中して関わることができます。

そして、適度な規模のチームなので、分業化されすぎていないのもポイント。一人ひとりの担当分野が広いので、自分が探索・設定したテーマを、最初から最後まで一貫して研究開発できる可能性があるのです。創薬における、この仕事の幅の広さ、チャンスの大きさは、得がたい魅力だと思います。

画期的な薬が生まれることは、社会や人に大きな影響を与えると思います。そのことが私の強いモチベーションになっています。

現在、循環器疾患から、さらに分野を広げて、新しいテーマ提案も行っています。たとえば、循環器に関わりの深い腎臓には、現在は未だ有効な治療法がない状態、いわゆる「アンメット・メディカルニーズ」の高い疾患領域があります。その領域を注意深く調査し、テーマを提案し、独自性の高い画期的な医薬品の創出に貢献する。それが私の大きな目標です。

創薬は、時に思いがけないきっかけでブレイクスルーが生まれるエキサイティングな分野です。それだけに、良いアイデアを見つけるため、普段から情報のアンテナを広げておくことが必要です。私も、時間があれば専門誌をチェックし、学会にも出向き、臨床医などの専門家の話をよく聞くようにしています。そして興味深い情報を見つけては、具体化できないかと構想を練っています。創薬というと専門的で特別のものに聞こえるかもしれませんが、あらゆる世の中の動きや人々の声がヒントになるといえるのです。

私の学生・院生時代
私の学生・院生時代
免疫機能に重要な役割を果たしているT細胞の抗原受容体シグナル伝達について研究。国内、海外で学会発表を行い、誰も知らなかったことを明らかにする研究の醍醐味を経験。研究者として生きていこうと思いました。

私が続けていること
私が続けていること
いつもアンテナを高く掲げて情報収集をすることです。プライベートで医者にかかるときも、つい熱心にヒアリングをしてしまいます。実際に薬を使う患者さんの声を日々聞いている開業医の意見は、とても勉強になるのです。

私のNever-ending Chemistry

私のNever-ending Chemistry
個人、チームの「創る力」を高め、
新しい薬を
世界中の医療現場に届けたい。