日産化学工業株式会社 NISSAN CHEMICAL INDUSTRIES,LTD. 採用情報サイト
私たちの化学は、続く。Never-ending Chemistry

日産化学工業株式会社 NISSAN CHEMICAL INDUSTRIES,LTD. 採用情報サイト

Topics 研究者の軌跡

シリコンバレーで事業を企画する技術系社員とは?研究所出身の事業企画担当という軌跡

研究職社員は入社後、まず3つの研究所のいずれかに配属となります。
研究・開発に携わりながらキャリアを積み、研究者としての道を究めたり、
リーダーとなって研究プロジェクトを牽引したりしていきます。

しかし、研究職社員のキャリアステップは、それだけではありません。

日産化学では、事業部ごとに企画開発部を持ち、さらに新事業企画部という部署では
事業部の枠にとらわれずに新事業を生み出しています。
研究職出身の社員が、そうした部署に異動し、事業企画を担当する場合も少なくないのです。

Link!新事業企画部の関わったプロジェクトの一つはこちら

ここでは、一人の事業企画担当の声を聞いてみましょう。

彼は研究所から、本社の企画開発部を経て、現在はシリコンバレーにある
NCA(Nissan Chemical America)サンタクララ事務所で
新規事業を生みだそうと奮闘しています。

次の事業を生み出す。それが私のミッション。

大塚義和 NCA(Nissan Chemical America Corporation)サンタクララオフィス 有機化学系 修士 1997年入社

研究者時代

研究所から企画開発部へ。

私は初めから“企画の仕事がしたい”と思っていたわけではありません。ただ、今思えば就職活動の時から“人のやらないことをしたい”という気持ちは持っていました。

大学、大学院での専攻は酵素有機化学。金属触媒ではなく生物の酵素を有機合成に使う、ちょっと異端の研究室でした。でも、就職先には金属触媒専門の日産化学を選びました。そこで酵素触媒を手掛けることができれば、ユニークな仕事ができると考えたからです。

入社4年目、本社の企画開発部に異動になりましたが、どうも「今まで金属触媒だけだった合成研究部に、酵素を持ち込もうとしている変わったヤツがいるぞ」と目を付けられていたようですね(笑)。

企画開発部では、いろいろな挑戦をさせてもらいました。いくつもの新しい技術、材料にトライし、企画部門と研究部門がディスカッションを重ねながら新しい事業を創り上げる面白さを味わうことができました。

そして今回、NCAがシリコンバレーにオフィスを出すという時にオファーを受け、アメリカへやってきたのです。

微細化。OLED。次は何だ!?

今、シリコンバレーに何をしに来ているのかと言えば、“数十億円規模の新たなビジネスを創り出す”ためです。次世代の半導体やディスプレイのための材料など、いくつものテーマを考え、さまざまな人に会いに行っています。

半導体の微細化プロセスのために使われる反射防止膜は、日産化学の主力ビジネスの一つで、「ARC®」という製品で高い世界シェアを持っています。では、この先、半導体の微細化トレンドはどこまで行くのか。いずれ微細化が限界に達するとすれば、次には何が来るのか。カギを握るのはインテグレーション技術だろうといわれますが、だとすれば、そこにはどんな化学材料が必要とされるのか。そうしたことを、カリフォルニア州パロアルトにある研究開発企業の研究者とよく議論して考えています。

あるいは、あるIT企業の開発者とはディスプレイ技術の話をよくします。今は、LCDが全盛で、日産化学もLCDをつくるための配向膜では世界シェア50%を持っていますが、次はOLED(有機発光ダイオード)のディスプレイが出てきていますし、その次のディスプレイ方式も既に研究が始まっています。そこに材料メーカーとして何ができるのか。開発者と議論をしながら探っています。

画期的な技術やデバイスには、新しい化学材料が必要になる。

私が会うのは、そうしたリーダー企業の研究者だけではありません。スタートアップ企業のCEOにも会いに行きます。彼らはアグレッシブでオプティミストです。どこにも出ていない壮大なアイデアを、彼らと大真面目にディスカッションするのは刺激的ですし、楽しいですよ。

でも私は当初、シリコンバレーでの人脈なんて、ひとつも持っていませんでした。ここでは日産化学の知名度はありませんから、さまざまな手段を使って、1人ずつ会いに行きます。数分間だけもらったアポイントで、日産化学の技術をプレゼンして興味を持ってもらい、次のチャンスをもらう。その繰り返しです。ずいぶん鍛えられました。

シリコンバレーに来てわかったことは、ここに答が落ちているわけではない、ということです。日本では、シリコンバレーで何か良いチャンスに巡り会えばビジネスが始まる、とイメージされがちですが、決してそんなことはありません。

ではシリコンバレーに何が落ちているかといえば、パズルのピースのようなものだと思います。どのピースを集めて、どう組み合わせれば、一つの完成品が生まれるのか。それを考え、提案していくのが、われわれ企画担当の仕事です。

画期的なIT技術や電子デバイスが実現される際には、必ず、新しい化学材料が必要になるはずです。ここから、近い将来、必ず新しいビジネスを提案し、実際に形にしていきますよ。私自身がとてもワクワクしているんです。