会社情報

会社沿革

日産化学のあゆみ

当社は、1887年(明治20年)、高峰譲吉、渋沢栄一、益田孝ら明治の先覚者により、わが国初の化学肥料製造会社である東京人造肥料会社として創業いたしました。
その後、関東酸曹株式会社、日本化学肥料株式会社等を合併していくなかで大日本人造肥料株式会社に商号変更、昭和12年に日本産業株式会社傘下の日本化学工業株式会社に資産等を包括譲渡したのちに、現在の社名である日産化学工業株式会社に改称いたしました。
最初の工場は、現在の江東区大島1丁目に建造され、いまも跡地の公園には当時を偲ぶ記念碑が残っています。

沿革

1887年(明治20年) 2月東京人造肥料会社(のちの東京人造肥料株式会社)設立
1889年(明治22年) 7月日本舎密製造会社(のちの日本化学肥料株式会社)設立
1891年(明治24年) 3月日本舎密製造会社小野田工場(現在の当社小野田工場)完成
1895年(明治28年)12月合資会社王子製造所(のちの関東酸曹株式会社)設立
1897年(明治30年)11月関東酸曹株式会社王子工場(のちの当社王子工場)完成
1907年(明治40年)12月東京人造肥料株式会社小松川工場(のちの東京日産化学株式会社)完成
1910年(明治43年) 7月東京人造肥料株式会社が大日本人造肥料株式会社と改称
1919年(大正 8年) 2月株式会社日本人造肥料会社(のちに日本化学肥料株式会社に合併)
名古屋工場(現在の当社名古屋工場)完成
1922年(大正11年) 6月大正運送株式会社(現在の日産物流株式会社)設立
1923年(大正12年) 5月大日本人造肥料株式会社が関東酸曹株式会社と日本化学肥料株式会社を合併
研究開発部門として、本社に工務部研究課、王子工場に研究係を設置
1928年(昭和 3年) 4月大日本人造肥料株式会社富山工場(現在の当社富山工場)完成
1931年(昭和 6年) 2月大日本人造肥料株式会社肥料試験場(横浜市子安)を白岡に移転
(現在の当社生物科学研究所)
1932年(昭和 7年)10月株式会社文化農報社(現在の日星産業株式会社)設立
1937年(昭和12年)12月大日本人造肥料株式会社が日本化学工業株式会社に資産等を譲渡したのちに、日本化学工業株式会社は、日産化学工業株式会社と改称
1943年(昭和18年) 4月日本鉱業株式会社と合併、同社の化学部門となる
1945年(昭和20年) 4月日本油脂株式会社が日本鉱業株式会社から化学部門の営業譲渡を受け、社名を日産化学工業株式会社と改称
1949年(昭和24年) 5月証券取引所の再開に伴い、当社株式上場
1949年(昭和24年) 7月企業再建整備法により、油脂部門(現在の日油株式会社)を分離
1965年(昭和40年) 1月日産石油化学株式会社を設立、石油化学事業へ進出
1968年(昭和43年)11月東京日産化学株式会社が埼玉県上里村に工場移設(現在の当社埼玉工場)
1969年(昭和44年) 8月王子工場の閉鎖・移転計画に伴い千葉県に現在の袖ケ浦工場を建設
1969年(昭和44年)12月王子工場の生産を停止、閉鎖
1988年(昭和63年) 6月協和醗酵工業株式会社(現在のKHネオケム株式会社)他へ石油化学部門を営業譲渡し同事業から撤退
1989年(平成元年)10月ニッサン ケミカル アメリカ コーポレーション(NCA)を米国に設立
1996年(平成 8年) 7月ニッサン ケミカル ヒューストン コーポレーション(NCH)を米国に設立
1998年(平成10年) 4月東京日産化学株式会社を吸収合併し、当社埼玉工場とする
2001年(平成13年) 4月韓国日産化学株式会社(現在のNCK株式会社)を韓国に設立
2001年(平成13年) 6月研究開発組織を再編し、物質科学研究所、電子材料研究所、機能材料研究所を設置
2001年(平成13年)10月日産アグリ株式会社(現在のサンアグロ株式会社)を設立、
肥料事業を分社化するとともに同事業に関連するグループ会社を統合
2002年(平成14年) 7月日本モンサント株式会社より国内農薬除草剤事業を買収
2002年(平成14年)12月ニッサン ケミカル ヨーロッパ S.A.R.L.をフランスに設立
2005年(平成17年) 2月日産化学アグロコリア株式会社を韓国に設立
2010年(平成22年) 1月米国ダウアグロサイエンス社より農薬殺菌剤を買収
2010年(平成22年)10月台湾日産化学股份有限公司を台湾に設立
2013年(平成25年) 6月Thin Materials GmbH(ドイツ)を買収
2013年(平成25年)10月NCHをNCAに吸収合併
2014年(平成26年) 1月日产化学制品(上海)有限公司を中国に設立