研究開発

長い歴史の中で培ったコア技術に一層磨きをかけ、特色ある価値創造型企業として、新製品・新技術開発および新事業創出に取り組んでいます。

生物科学研究所(BIOLOGICAL RESEARCH LABORATORIES)

生物科学研究所

生物科学研究所

生物科学研究所は、農薬、医薬、および医療材料の有用性と安全性に係る評価研究など、ライフサイエンスの研究拠点としての役割を担っています。

農薬研究においては、最先端の有機合成化学からのアプローチで将来の食糧増産に貢献すべく、とりわけ高い環境安全性を備えた新農薬の創製を第一の使命としています。さらに、国内外の使用現場からの要望に応え、既存原体、導入原体の製品化研究も積極的に進めています。
また、フランスのフィラグロ社、ブラジルのイハラブラス社の研究センターと連携を深めることで、グローバルマーケットを見据えた農薬の開発にも注力しています。
医薬分野では、遺伝子レベルから病態モデルまでの薬理試験、安全性試験および体内動態試験を行うことにより、高い有効性に加え、体にやさしい医薬品の創製を行っています。
また、医療材料分野では、造血幹細胞やES/iPS細胞などの幹細胞を評価する技術を基に、細胞培養用培地、幹細胞増幅剤、医療機器コーティング材などの材料開発に取り組んでいます。