閉じる

CSR情報

レスポンシブル・ケア(RC)活動

化管法(PRTR法)対象物質の排出削減

 「特定化学物質の環境への排出量の把握等および管理の改善の促進に関する法律(化管法)」の届出対象に該当するものは2016年度には60物質ありました。主な物質はホルムアルデヒドとノルマル-ヘキサンで、前者は反応溶媒として使用されます。後者は燃料や原料として使用しているナフサ中に含まれています。アンモニアの原燃料転換により2016年度はノルマル-ヘキサン量も減少しています。

 排出先と排出量は、大気へ1.5トン、水域へ0.4トンの合計1.9トンとなり、大気への排出量が削減されました。今後も排出抑制への取り組みを継続して実施します。なお、土壌中への排出はありません。

PRTR対象物質排出量(トン)

PRTR対象物質排出量内訳(トン)

 
 

スマートフォン版はこちら